小児歯科

お子さまの健康を守る

小児歯科とは、ただお子様の虫歯を治すだけではありません。虫歯にならないための予防に努め、最終的にはきれいな永久歯を正しい位置に生やし、健康なお口の状態に育てることを目標にしています。

また、お子様にとって「歯医者さんは恐くな場所、それよりも楽しい場所」と思ってもらえるような医院作り・診療を心がけております。

子どものむし歯の原因とは?

歯磨きが上手くできない

原因の1つには「歯磨きが上手くできない」ということが挙げられます。歯磨きは、ただ歯ブラシで歯をこすればいいというものではありません。きちんと歯垢(プラーク)を落とすためには適切な磨き方、つまり技術が必要です。子どもの場合、その技術を身につけていないため、口内の清掃が不充分になってしまうのです。

乳歯のエナメル質や象牙質の薄さ

2つ目の原因には「乳歯は永久歯に比べてエナメル質も象牙質も薄い」という点が挙げられます。永久歯の半分ほどの厚みしかない乳歯のエナメル質や象牙質は、あっという間にむし歯菌に浸食され、神経まで達してしまうのです。

食べカスが溜まりやすい

3つ目の原因は「乳歯は食べカスが溜まりやすい」という点です。特に乳歯の奥歯の溝は清掃が不完全となり、むし歯菌が繁殖し、酸を出しやすい環境を作ってしまうのです。

むし歯にさせないための治療

むし歯に強い歯をつくるフッ素

フッ素は少量ながらも必ず摂取しなければならない微量栄養素で、海草類や魚類、お茶などに含まれています。

歯科では再石灰化を促進しむし歯に強い歯質をつくる性質を持っていることから、むし歯の予防処置に用いられています。

当院では、歯科医師・歯科衛生士が高濃度のフッ素を直接歯に塗るフッ素塗布をおこなっております。乳歯や軟らかい生えたての歯は酸に弱いため、子どもさんのむし歯予防に有効な処置です。

1回のフッ素塗布では充分な効果が得られないため、3~6ヵ月毎の定期検診時にフッ素塗布をおこなってむし歯の予防効果を高めます。

シーラントについて

奥歯の噛む面には溝があり、むし歯が出来やすいところです。ここにシールをしてむし歯を予防する方法があります。これがシーラントです。

シーラントは歯を削ることがないので痛みはありません。ただし、このシールが剥がれることもありますので、定期的に検診をする必要があります。

シーラントを行ったからといって、必ずしもむし歯が出来なくなるというものではありません。正しい歯みがきをしなければ歯と歯の間や、歯と歯ぐきの間からムシ歯になってしまいます。

シーラントをした後も、正しい歯磨きをしっかり行いましょう。また、お母さんの手伝いが無ければ、子ども一人で歯をきれいに磨くことはできません。お子さんが自分で歯磨きをした後、必ずお母さんが仕上げ磨きをしてあげるようにしましょう。

PageTOP

求人

 

平日

8:30-11:00 13:30-17:30

休診日

土・日・祝日

ご予約・ご相談

0246-44-5400

求人

当院の地図

〒972-8318
福島県いわき市常磐関船町塚ノ越44
最寄り駅:JR湯本駅

診療の流れ

当院の基本的な治療の流れです。

キッズスペース

お子様用の玩具、本等をご用意しています。

親知らず治療

親知らず治療なら当院へ。

痛くない治療

痛くない治療をモットーにしております。

料金表

当院の料金表です。